【Tree of Savior】kToS.2017.5.11 これからのアップデート予定の内容まとめ フィールドボスやギルドの仕様変更など

これからのアップデート「予定」の内容です






フィールドボスについて

フィールドボス狩り、以前はよく楽しまれてましたね

おなじみ「大地のキャンスリル」から出る「ウィンドランナー」を目当てに、多くの人が情報戦をしていました

さて、そんなフィールドボスシステムに大幅な改変があるようです


前述したフィールドボスは「特定マップでキャラクターを4時間放置する」のが出現条件でした

しかし、このタイプの放置が必要なボスは戦闘能力と報酬が大幅に弱体化されるようです



「えっ、それじゃボス減るじゃない」と思いますよね。でも大丈夫です

新しいタイプのフィールドボスが調整&追加されます

強力なPT用ボスと、弱めのソロ用ボスの2種類で、

PT用ボスはユニーク装備の製造書を落とし、ドロップシステムとしては従来のダメージランキングの他に最初と最後に攻撃した人もボーナスで報酬がもらえるようになります

ボスを探すのが大好きな人は一定数います。従来のシステムでは彼らに報酬が行くのは難しかったですが、このアップデートが来たら彼らも楽しいプレイが楽しめるでしょう

最後に攻撃、つまりボスにトドメを刺した方もアイテムがもらえるように

これもいい調整ですね。途中参加でも火力が高ければ報酬ゲットの可能性がありますから、ボス関係のバランスは期待できそうです

ソロ用ボスについては、1vs1のバランスで作られるようです

こちらのボスは、PT用ボスの製造書に必要な素材アイテムを落とします


ボスの出現時間と場所についてはランダム要素が強くなります

メンテナンス後すぐに出現する可能性もあるとのこと




チームバトルリーグについて

2vs2と5vs5の試合形式がなくなり、3vs3に統合されます

バランスが悪かった部分を色々調整するほか、報酬も変更されるそうです




ギルドについて

現在はテンプラークラスを持ったプレイヤーのみ、ギルドを設立できる仕様となっています

ギルド設立の条件として難易度が高く、手軽にギルドを作れないのが大きなネックでした


しかし、テンプラー以外のプレイヤーでもギルド設立ができるようになる予定です

また、それに合わせてテンプラーキャラクターにはビルドリセット券を配布します


ですが、それではテンプラーのメリットがなくなってしまいますね

そうならないように、簡単に作れるギルドは便利機能が使えません

テンプラーのギルドは多くの便利機能が使え、さらに新しく便利機能を追加する予定です

また、GvGコンテンツも復活させる予定ですので楽しみにしてて下さい




所感

現在ほとんどのフィールドボスはコンテンツとして機能していないので、バランス調整はとても嬉しいですね

ギルドについては、「テンプラーが死んだ!」と煽ってくる方が出るでしょう

しかし、私は逆だと思います

簡易ギルドでは便利機能が使えず、テンプラーギルドではむしろ便利機能が追加されるとのことですから、本当にゲームプレイを楽しみたいならテンプラーが今より必須になる可能性も否定できません

総じて、文面だけ見れば期待していいような調整予定でした




0 件のコメント :

コメントを投稿

とすこ管理人が鯖移動するなら・・・?(ためしに