【TOS装備】ファーダ vs シセルブレスレット!? どちらが物理最強の腕輪なのか比較&考察


物理で一番優秀と言われている、ファーダとシセルブレスレット

どちらが強いのか気になりませんか?



◎それぞれの基本性能




ファーダ
  • 物理攻撃力30
  • クリティカル攻撃力114
  • 広域攻撃比率1
  • 入手…サルラス修道院ミッションキューブ

シセルブレスレット
  • 物理攻撃力21
  • クリティカル発生値37
  • 入手…飢えたエラガノス、190ID

一見すると、物理攻撃が高くクリティカル攻撃もついているファーダの方が、ダメージは優れているように見えます

しかし、シセルもクリティカル発生値が高いので、クリティカル時のダメージ1.5倍に期待できます

果たしてどちらの方が強いのでしょうか?





◎ステータスの価値

しかし、同じ種類のステータスならまだしも、別の種類のステータスを比較するのは難しいですよね

そこで、ステータスポイントを指標に、明確な「基準」を作ってみたいと思います



前提として、
  • クリティカル発生率を100%近くにするために敏捷(DEX)に250~350振る
  • 残ったステータスは力(STR)に振って火力を上げる
  • ステータスポイントボーナスは敏捷300前後、力100前後を想定
  • クリティカル発生率100%を想定
  • レベル330、ランク8を想定



ソードマンの場合…

力(STR)1で伸びるダメージ

力に100P振る → 実際に上がった数値は214 → 物理攻撃力278 (ソードマンの補正込み)

→クリティカル攻撃力214

実際に与えるダメージは…(278×1.5)+214=631

結果)ソードマンは1ポイントあたり、約6.3ダメージ増える





ソードマン以外の場合…

力(STR)1で伸びるダメージ

力に100P振る → 実際に上がった数値は214 → 物理攻撃力214

→クリティカル攻撃力214

実際に与えるダメージは…(214×1.5)+214=535

結果)ソド以外は力1ポイントあたり、約5.4ダメージ増える





敏捷(DEX)に300P振る

→ ボーナス含めた実際の上昇値は386

→ クリティカル発生値も386

結果)敏捷1ステータスで上がるクリティカル発生値 = 約1.3





上記により、ステータス1ポイント分の価値 = クリティカル発生値1.3 = ダメージ6.3もしくは5.4。 となります





◎実際に比較しよう

さて、明確な基準がわかったところでファーダとシセルを比べてみましょうか



ファーダ
  • 物理攻撃力30
  • クリティカル攻撃力114
  • 広域攻撃比率1
  • 入手…サルラス修道院ミッションキューブ
(30×1.5)+114=159

159÷6.3or5.4=25or29

ステータス力の25P相当(ソド)

ステータス力の29P相当(ソド以外)



シセルブレスレット
  • 物理攻撃力21
  • クリティカル発生値37
  • 入手…飢えたエラガノス、190ID
21×1.5=32

32÷6.3or5.4=5or6

37÷1.3=28

ステータスの力&敏捷合計33P相当(ソド)

ステータスの力&敏捷合計34P相当(ソド以外)





結論

ダメージを増やす能力だけで見れば、

ファーダよりシセルの方が1.21.3倍ほど優秀です


ただ、ファーダはAoE+1がついています

2つ装備すればAoE+2ですね

これは弓のメルゲンからすれば相当大きい数字で、スウィフトステップでクリティカル発生値を上げやすい弓ではファーダの方に軍配が上がる・・・場合があります

『ヘアコスや武器や腕防具でもAoEは稼げるけど、それでも足りないです><』

そんな方にファーダはおすすめの装備です



まとめ

そこそこのダメージ増加能力&AoEが必要なビルドはファーダ

汎用性が高い&ダメージ増加能力はシセルブレスレット



用途に合わせて使い分けましょう♪




0 件のコメント :

コメントを投稿

とすこ管理人が鯖移動するなら・・・?(ためしに