【TOS】アーチャー初心者は必見! ビルドの組み方徹底解説!!【スキル振り】


自分でビルドを組んでみたい! そんな方に向けてビルドの組み方解説です!





※同じクラスを重ねることを1回目→C1、2回目→C2というように略します

※転職をするたびにランクが1上がります。最初はランク1→ランク2、といった具合です



①どんなビルドにしたいか目標を決める!


◎上のアイコンのクラスからメインのクラスを一つ選ぶ! そうすれば初心者でも作りやすいです

◎クラス選択は自由ですが、できれば同じクラスを2~3回やると、より専門的に特化できます



 
クォレルシューター

☆C3で覚えられる「ランニングショット」が強いクラス

☆取る場合はC3まで取るのを推薦! C1やC2は中途半端です


◎メリット
「ランニングショット」はSP消費が少ないため、あまりお金がかからない
特性を強化する必要がないため、お金がかからない
超連射できて気持ちいい
ティルトルビーの像を破壊できるため、PvPで役割が持てる

△デメリット
C1~C2の間は使いやすい攻撃スキルがないため、育成が若干しんどい
「ランニングショット」は単体攻撃なため、多数の敵を相手にするのは苦手
逆に言えば特性で強化できないので威力が頭打ちになりがち
本気でやろうと思えば武器強化が必須! そこにお金がかかる

ランニングショットの動画



 
サッパー

☆C2で覚えられる「ブルームトラップ」が強い! 罠を使うクラス

☆こちらもC1では弱いのでC2まで取るのを推薦。C3はお好みで


◎メリット
アーチャー系では数少ない範囲火力「ブルームトラップ」を持つ
SP消費も比較的少なめな方
魔方陣を爆破するスキル「デトネイトトラップ」があるのでPvPで役割を持てる
罠を使うところが玄人っぽくてかっこいい! 罠師!!

◎デメリット
C1ではあんまり強くない・・・
「ブルームトラップ」は飛行タイプの敵には無効にされる
スキルを使う材料を持ち歩く必要がある

ブルームトラップの動画



 
ポイズンシューター

☆毒を扱うクラス。ソロ&対MOB&対単体では最強レベルの火力

☆範囲攻撃を覚えるC2まで取ったほうがいいが、C1でも十分強い。C3はお好み


◎メリット
とにかく毒が強い。これに尽きる
物理攻撃力依存の持続ダメージをバシバシ与える
C1から覚えられる「ブローガン」、C2の「ポイズンポット」である程度範囲もこなせる

△デメリット
毒デバフは「他のポイズンシューターが上書きできる」「高レベルの毒も低レベルの毒で上書きできる」ので、ポイズンシューターが複数被ると弱い
毒は高威力だがクリティカルがでない。よって威力が頭打ちになりがち
メインスキルが「デバフ」扱いなため、PvPではプレーグドクターがいると完全に無力。PvPは苦手




 
スカウト

☆透明化するスキルがあるため、PvPで強い

☆C1取るのはいいが、C2C3取る価値は薄い



 
ローグ

☆PvP向きのスキルが多めのクラス。「バックスタッブ」による瞬間火力は高め


◎メリット
設置系スキルを盗む「スポリエーション」がPvPで強い
背後から攻撃することで、クリティカル率を大幅に増加させる「スニークヒット」が強い
「フェイント」はレンジャーの「バラージ」を2HITにする効果があり、レンと相性がいい
C2で取れる「バックスタッブ」は専用装備にすることでダメージが3倍

△デメリット
全体的にスキルのシナジーがちぐはぐ
「バックスタッブ」は強いがPvPで当てるのが難しい
コンボ前提のスキルが多いため、上級者向きな印象



 
フレッチャー

☆制作した矢で戦うクラス。SP消費が大きく矢を作るのも手間だが、その見返りは大きい


◎メリット
CD0のスキルが複数あり、コストを度外視すれば連射できる
継続的にダメージを与えるスキルが複数あるため、ボス狩りも得意な方
連射できるスキルも含め、とにかく単体火力が高い

△デメリット
矢を製造するのが手間
矢を持ち歩く必要があるため、重量を圧迫する
SP消費が大きいため、SPポーション代が馬鹿にならない
要するに札束で相手を殴るクラス



 
ファルコナー

☆ペットの鷹と一緒に戦うクラス

☆鷹かわいい


◎メリット
敵のAoE防御を下げる「サークリング」とアーチャーの「マルチショット」等の相性がいい
「マルチショット」「カバーリングファイア」「キャノンブラスト」等がより多くの敵に当たるようになる
C3で強化されるらしいので将来性がある(かもしれない)

△デメリット
「サークリング」以外に特に目立ったスキルがない
なので、アーチャーC2以上、マスケッティア、キャノニーアのどれかを取らないと、あまり意味がない



 
シュヴァルツライター

☆ペットに乗りながら騎乗戦闘するクラス

☆移動しながら広範囲に攻撃できる「リトリートショット」が強い


◎メリット
「リトリートショット」が強く、クリヴィスの「メルスティス」があれば大地の塔でも活躍できるスペックを持つ
条件が揃った時のスペックはかなり高い

△デメリット
「リトリートショット」は効果時間が短いため、「メルスティス」がないと真価を発揮できない
強力な装備「マナマナ」があると強いのだが、入手が若干難しい



 
キャノニーア

☆大砲が使える

☆範囲攻撃もあるのでファルコナーと組み合わせよう



 
マスケッティア

☆マスケット銃が使える

☆マルチショットの強化版スキルを覚えるので、ファルコナーと組み合わせよう





◎メインのクラスが決まったら、次はそれをサポートするクラスを選択しよう!


クラスは初期クラスを除き、6つまでしか選択できないのに注意です!

ピンやセットを組み合わせてぴったりになるように調整するとよし!


こちらのシミュレーターを使いながら考えてみよう!



ランク1

レンジャーC1

スウィストステップ5、マルチショット5、フルドロー4、オブリークショット1


最初に選ぶことになる「アーチャー」のスキルです!

スウィストステップ5とフルドロー4は入れ替えてもいいです
→アーチャーC2でスウィストステップが「クリティカル発生」ステータスを25%上昇させる特性が取れるため、C2取る人は5振り
→PvPでフルドローは相手を移動不可にするデバフがあるため、PvP重視な人は5振りでもいい

オブリークショットは必ず1振りにしてください
→レベルが上がるとSP消費が上がり、使いにくくなるため





ランク2~




アーチャーC2セット☆オススメ!


◎スウィストステップでクリティカル発生が25%上昇する

◎マルチショットLv10がとても強いし使いやすい

◎ランクを1つしか消費しないのでビルドに組み込みやすい



クォレルC3セット


◎ランニングショットが使える。それだけ

◎一応ラピッドファイアとファルコナースキルでコンボが可能

◎まきびしも結構つよい

◎ストーンピッキングとストーンショットは他のスキルに振ってもOK



レンジャーC1ピン☆オススメ!


◎バラージが強い

◎育成が楽

◎バラージとローグスキルでコンボが可能

◎ランクを1つしか消費しないのでビルドに組み込みやすい



レンジャーC3セット


◎ステディエイムのダメージ20%上昇バフをメルスティスで延長させるのが強い

◎バウンスショットで複数の敵に攻撃したり、単体にはスパイラルアローで火力も出せる

◎とは言っても、他の特化したクラスには劣るので、C3スキルは器用貧乏な感じもする

◎一撃の火力を上げたいフレッチャーや、メルスティス前提のシュヴァルツライターと相性がいい





ランク3~

サッパーC2セット☆オススメ!


◎ブルームトラップが強力

◎ステイクスタッケイドもそこそこ強い

◎残りのスキルは微妙なものが多い・・・





ランク4~

ポイズンシューターC1ピン


◎手軽にそこそこの火力を出せるパーツ

◎ランク4時点でニードルブローは単体最強、ブローガンは範囲最強クラス

◎ポイズンシューターC2C3が同じPTにいると無駄になる



ポイズンシューターC2セット☆オススメ!


◎ランクを2消費してしまうが、ポイシュ1よりも火力が出せる

◎範囲攻撃のポイズンポットも覚えられる



スカウトC1ピン


◎PvPのお供に





ランク5~

ローグC1ピン


◎PvPのお供に

◎レンジャーC1ピンと組み合わせると相性良し

◎カードを装備できるシステムが実装されたらスニークヒットが使いやすくなるので、人気のパーツになると思われる



ローグC2セット


◎バックスタッブを使えるようにしただけ



フレッチャーC3セット


◎ハイコストハイリターン

◎バーブドアローとクロスファイア、その他のスキル配分はお好みで





ランク6~

ファルコナーC1ピン


◎サークリングを使いたいだけ

◎アチャC2、もしくはマスケッティア、キャノニーアと組み合わせよう



シュヴァルツライターC2セット


◎リトリートショットマン

◎メルスティスマンがいればパワーアップするぞ!





ランク7~

キャノニーアC1ピン


◎ファルコナーC1ピンと組み合わせて

◎キャノンブラストが前方扇状範囲なのでPvPもいけそう



マスケッティアC1ピン


◎ファルコナーC1ピンと組み合わせて




1 件のコメント :

  1. ポイズンシューターC1はC2と被っても時間差で攻撃すれば腐らないのでは。

    返信削除